本文へスキップ

横浜市青葉区、たまプラーザのふじくら循環器科・内科です。「専門医のいるかかりつけ医」として、より健康で楽しい生活ができるようお手伝いする事が目標です。

TEL. 045-903-9006

〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-7

専門外来3専門外来・3


ー 当院が重点的に力を入れている疾患について説明いたします ー


糖尿病

現在1000万人を超える方が糖尿病や糖尿病予備軍といわれています。しかし高血糖の危険性を理解していない方も多いのが実際です。糖尿病は自覚症状が基本的にありません。糖尿病は無症状に全身をどんどん「むしばむ」病気です。確実に動脈硬化を進行させ、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全・透析などへ突き進んでいく病気です。
悪くなってからでは治すのが大変です。

糖尿病は不治の病であり、患ったら最後、高血糖に伴う脱水症状と体重減少・精神異常をきたして死亡する恐ろしい病気でした。
その後すい臓から出るインスリンが欠乏することが病気の原因として分かり、インスリンを注射することにより治療できるようになっています。2型糖尿病にはインスリンを出す薬(SU剤やDPP-4阻害薬)やインスリン抵抗性改善薬などにより治療が可能となっています。さらに最近ではSGLT-2阻害薬と言って、尿中に糖分を捨てていく薬があり、低血糖のリスクを極力減らせる薬ができています。
糖尿病を二つに分けます。
「すい臓からのインスリン分泌が低下した糖尿病」 (1型糖尿病) と「インスリンの作用が阻害されている糖尿病」 (2型糖尿病) です。(学術的にはそのほかの病態もあります。)
1型糖尿病は小児期に発症することもある病気です。すい臓のインスリンを分泌する細胞「ベータ細胞」が破壊され、インスリンの欠乏状態となることで生じる糖尿病です。
2型糖尿病は、日本の糖尿病患者の90-95%を占める糖尿病で、肥満や運動不足、カロリー摂取の過剰などが原因であると考えられています。
多くの糖尿病の患者さんは若いときから糖尿病なのではありません。中高年になって尿から糖が検出され、血糖測定により「糖尿病」と診断されています。このような人たちはインスリンが足りないことは少なく、インスリン感受性の低下またはインスリン抵抗性が高いといわれる状態(メタボリック症候群・内臓脂肪症候群)となっているのです。

糖尿病の検査は採血(血糖値やHbA1cという1ヶ月間の平均の血糖値を示すマーカー)・採尿で評価します。横浜市の高齢者健診や特定健診にも検査項目は含まれます。
食後性過血糖といって食事により血糖値が異常に高くなる病態があります。これらは脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの動脈硬化疾患にかかりやすいといわれています。
動脈硬化の状態・程度を評価するために頸動脈超音波検査を用いて検査することもあります。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪型肥満により高血圧や糖尿病、高中性脂肪状態が悪化し、動脈硬化が一段とスピードを上げて進行していく病態」です。

これまでのように高血圧や糖尿病に対して、ただ薬を飲んでいるだけでは、脳卒中や心筋梗塞を防ぐことができないということがわかりました。きちんとした医学的根拠に基づき、有効的に治療していくことが必要です。(薬を飲むだけで治るものではありません。やはり運動療法がとても大切で必要です。)

健康診断で異常を指摘された方は一度当クリニックで再検査しませんか。
その検査異常の状況を良く調べてみて、あなたの状態を判断します。検査結果説明を聞いていただき、納得がいったら治療を始めましょう。とは言っても、薬を飲むだけとは限りません。食事・運動療法をしっかりと行えば、よくなる方も多くいらっしゃいます。
漠然とした不安を感じているかた、当クリニックへご相談にいらしてください。


バナースペース

ふじくら循環器科・内科

〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-7

TEL 045-903-9006

日本循環器学会認定 
循環器専門医
日本内科学会認定 
内科専門医
日本医師会認定 産業医

循環器科・内科・アレルギー科・高血圧・心臓病・不整脈・狭心症・心筋梗塞・動悸・胸痛・心不全・糖尿病・高コレステロール血症・高脂血症・脂質異常症・アレルギー疾患・漢方治療・超音波・ワクチン・専門外来

http://www.hp-seisaku.net/test-fujikura/

スマートフォン対応