2023年5月8日以降のコロナウイルス感染症の扱いについて

2023年5月8日(月)から感染症法上の位置づけ変更に伴い、新型コロナウイルス感染症は2類から5類に移行します。それに伴い、療養期間や医療費など扱いが変更されます。
1)法令上外出制限がなくなります (推奨:発症日を0日として5日間は外出を控えてください)
  10日目までは感染させるウイルスを排出しています。マスクは必要です。
2)保健所への届け出がなくなります
3)治療は通常の保険診療となります(抗ウイルス薬をのぞく)
詳しくは、神奈川県のページよくある質問をご確認ください。

当院では院内感染を防ぐため、以下の方は発熱外来での診療となります。
1.37.5度以上の発熱がある方
2.「新型コロナウイルス感染症」や「インフルエンザ感染症」などの確定診断がされている発症後5日目までの方のすべて
3.「新型コロナウイルス」や「インフルエンザ」、「アデノウイルス」、「溶連菌」などの検査を希望される方
4.咳やくしゃみがひどく、待合室で待機することにより他の方へ不安を与えると当院が判断する場合
5.いわゆる風邪の症状(咳 たん はなみず のど痛 など)があって、マスクを外す診療が必要な場合
感染症状があって受診される場合には事前にお電話でご相談をお願いします。状態によっては一度帰宅いただいたり、当日受診できなかったりする場合もございます。
また厚生労働省からの通知により、コロナ感染症が5類になった後も、予約なくいつでも医療機関に受診できるわけではないこと、場合によっては他の医療機関を紹介することになることが示されています。(厚生労働省事務連絡 3月17日 4月11日最終改正 新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけの変更に伴う医療提供体制の移行及び公費支援の具体的内容について)

発熱外来 詳細へ

院内感染を防ぐために必要な措置です。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

診療時間変更日

休診日

PAGE TOP